カテゴリー「建築」の22件の記事

2011年8月17日 (水)

1級建築士設計製図試験 対策本が出版されました

久々の更新になります。

本年も執筆をした
平成23年度 1級建築士設計製図試験 直前対策と課題演習」(彰国社)
が出版されました。

すでに書店に並んでいますので、製図試験に臨まれる方は、ぜひ一度手にとってみてください。

今年の課題は「介護老人保健施設」。
要求図面が例年より多い5面。
なかなかハードな試験になることが予想されますが、皆さんのご健闘をお祈りします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

久々に都内へ。名建築達に心打たれました。

11040304
先週末土曜日、震災以来初めて都内に出かけました(どれだけ出不精なのでしょうか・・・)。
気持ちよい陽気で、神田川の桜も、満開とまではいきませんが、良い感じで咲いていました。

11040302
出かけた先は、文京区の目白台。
久々に仲間とボールを蹴った後、少し散歩をしました。
写真は東京カテドラル。
巨匠丹下健三の名作です。
圧倒的な迫力に涙が出そうでした。
 
11040303
隣にあるのは、獨協中学、高校のキャンパス。
こちらはちょっと玄人好みですが、非常にモダンな建築で、建築を始めた頃に良く参考にしました。
設計は、竹中工務店。
 
11040301
こちらは建築というよりも名所。
和敬塾。
学生寮なのですが、伝統があり、多くの著名人を輩出しています。
(ちなにに私の師匠もここで暮らしていたそうです)
代表格は、作家村上春樹。
名作ノルウェーの森で主人公ワタナベが過ごしていた学生寮は、ここがモデルだそうです。
 
震災後に久々に乗った総武線では、電車内の照明が消えていてびっくりしましたが(都内に入ったら点いたことにも若干驚きましたが)、割とすぐ慣れるものだと思いました。
都内は震災の直接の影響はあまり気付きせんが、随所で電気の使用量が控えられていることで、生活がいままでとは違うのだろうと感じます。
とはいっても、友人曰く、今までが過剰だっただけで、 今の状態でも何も問題は無いよ、と。
ごもっとも。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
建築や住宅にご興味がある方は、是非こちらもご覧下さい。

江口英樹建築設計事務所 HP

地元の千葉の情報を中心に発信しているブログです。

幕張の建築家のブログ

(右のサイドバーに更新情報が出ています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

春めいて来たので改めて、

皆様ご無沙汰しています。
ここのところすっかりブログの更新をさぼってしまいましたが、春も近づいてきましたので、そろそろ復帰しようと思っています。
まあ、あまり気張らずに、週に数回くらいのペースで書いて行こうと思いますので、お暇な時にでも覗いてください。

もう一つのブログ「幕張の建築家のブログ」の方もよろしくお願いします。
仕事関係や日常の気付きについてはご覧のブログで書き、こちらは主に地元の千葉の情報と、コーチをしている少年サッカーについて書いていこうと考えています。
千葉、少年サッカーにご興味のある方は、是非ご覧下さい。
 

twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
建築や住宅にご興味がある方は、是非こちらもご覧下さい。

江口英樹建築設計事務所 HP

 

地元の千葉の情報を中心に発信しているブログです。

幕張の建築家のブログ

(右のサイドバーに更新情報が出ています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

東京大学大気海洋研究所の竣工記念式典に行ってきました

10072303

東京大学の大気海洋研究所の新研究棟の竣工記念式典に招いていただき、東大柏キャンパスに行ってきました。

突き当たりの建物が大気海洋研です。
設計はNTTファシリティーズですが、設計の前の段階で、研究所の意見を整理して参考プランを作成するお手伝いをしました。

10072304

設計段階で仕上材料等は変わりましたが、建物の形状や外観は、参考プランの時と同じようなイメージで出来ています。
研究所の皆様は、新しく作る施設に対して非常に思い入れが深く、参考プラン作成時も積極的にアイデアを出してくださいました。
実際に出来た建物も、その思いがとても良く反映されていて、当時の熱気を思い出します。

10072402

式典での建物の説明では、謝辞も戴きました。
参考プランまでとはいえ、実際にできた建物の部屋割り等は、ほぼそのまま踏襲され、皆様もご満足されている様子でした。
とても良い仕事に関わることができ、私も感謝の気持ちで一杯です。

twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
建築や住宅にご興味がある方は、是非こちらもご覧下さい。

江口英樹建築設計事務所 HP

 

地元の千葉の情報を中心に発信しているブログです。

幕張の建築家のブログ

(右のサイドバーに更新情報が出ています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

12/11 ちょっとだけ北京を観光

12/10は打合せやらなにやらで慌ただしかったので、写真を撮る機会もありませんでした。

12/11で今回の出張は終了です。
午後の飛行機の時間まで少し観光をしました。
とはいっても時間が全然なかったので、故宮を駆け足で観ただけです。
091211_01
天安門広場。右の中国国旗の後ろが人民大会堂。
とにかく広い。

091211_02
天安門。

091211_03
故宮の太和殿。ラストエンペラーでおなじみ。
本当に壮大です。
ちなみにこの日の天気は曇りのように見えますが、北京ではすっきりしている方です。
北京は晴れの日でも霧か霞のようなものが立ちこめていて、晴れの日は太陽が満月のように見えます。

091211_04
これは、皇帝の私的スペースである「内廷」の「御華園」と言う庭の中にある、「堆秀山」。
石で出来た築山です。

091211_05
本当に駆け足で通っただけなので、さっと建物を観ただけでした。
故宮の北側から出て(天安門は南側)、少し東にいった所の風景。
右端の建物は故宮の四つ角に立つ「角楼」。
角楼と、外周を巡る堀「筒子河」の風景はなかなかです。

091211_06
オフィスに荷物を取りに行くのに、地下鉄を使ってみました。
すりなどがちょっと怖いと聞いていましたが、なんてことはありません。
日本と変わりません。日本でもすりぐらいいるでしょうし。
駅は新しいこともありますが、日本の普通の地下鉄よりデザインされています。

091211_07
車両もなかなかかわいらしいです。

091211_08
建外SOHOを歩いていたら、吉野家を発見。
今回の出張では、簡単な食事をするのになかなか良いところが無かったので、次回からは苦労しなさそうです。

091211_09
北京首都国際空港。
ノーマンフォスター設計の超が付く巨大な空港。
デザインはその大きさに負けていません。
さすがサー・フォスター。
初の北京はなかなか慌ただしかったですが、少し北京の空気を感じられました。

| | コメント (0)

12/8 中国のプロジェクトが始まりました

先週になりますが、中国での都市計画のプロジェクトのために、北京に行きました。
日本と北京の事務所での共同プロジェクトです。
北京の事務所は中国でもかなり有力な設計事務所で、事務所は設計事務所が多く集まる「建外SOHO」という地区に有ります。
091208_04
事務所の近くには中国の国営放送CCTVもあります。
091208_03
事務所はこのビルの30階
091208_05
北京市内を見下ろす素晴らしいロケーションです。
この日は北京にしては珍しくとても晴れていました。
091208_01 091208_02

| | コメント (0)

2009年8月12日 (水)

打合せ

昨日の話ですが。
代官山で住宅の打合せ。
一緒に設計をしているMさんとOさんと、平面と断面の確認。
その後は構造のHさんと打合せ。
意匠、構造ともスムーズに進みそうな感触。
次はお施主さんの確認をしてもらうので、図面を進めないといけません。

| | コメント (0)

2009年5月14日 (木)

ハローアーキテクト

旭硝子が運営している、家づくりを考えている方向けのサイト「ハローアーキテクト」にコラムが掲載されました。
玄関について書いてみました。
お時間がありましたらご笑覧ください。
http://www.asahiglassplaza.net/kaiteki/architect/ar/index.htm

| | コメント (0)

2008年7月 8日 (火)

佳作でした

二次審査に残っていた第5回三井住空間デザインコンペは、少し前になりますが、5/24に公開審査が霞ヶ関ビルで行なわれ、残念ながら佳作となりました。
応援してくださった皆様には心からのお礼と、ご期待に応えられなかったお詫びを申し上げます。
不本意な結果ではありましたが、このコンペを通して、自分に何が足りないか、どういったことが社会で求められているか、といったことを少し理解できたような気がします。
次の機会ではより良い結果が残せるようにがんばりたいと思います。

なお、コンペ結果は今月号の雑誌「新建築(7月号)」に掲載されています。
少し大きな書店なら置いてあると思いますので、機会がありましたらご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

稲毛の家を見学

071219_01 以前現場をお邪魔した、Sさんが設計した稲毛の住宅が竣工したので見学させてもらいました。

リビング中央の吹抜けとそれに面したテラスが建物全体に大きな空間を作り出しています。
階段と二階の個室を繋ぐブリッジが印象的でした。
各室の照明は、小さなダウンライト(マックスレイとのこと)と壁際や収納上部を利用した間接照明で構成されて、とてもすっきりしていました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧